本文へスキップ

通学不要なので社会人が働きながら学びやすい、卒業しやすい通信制大学。教員免許・資格。資料請求

トップページ > 資格から大学を探す > 税理士

税理士

通信制大学で税理士の国家資格を取得しよう!

税理士は納税の手助けをすることが仕事です。性別に関係なく評価される仕事なので女性にも人気の資格。 


税理士について

税理士の仕事とは

税理士は主に個人や中小企業の税金に関するサポートをする仕事です。企業の社長や従業員とともに会社の未来を構築する手助けをします。自分のアドバイスによって人々に感謝されることや性別に関係なく評価されるため、男性だけでなく女性も活躍できる仕事です。

税理士と公認会計士の違いとは?


税理士になるには

もっとも一般的な方法は税理士の国家試験に合格することです。税理士国家試験では、簿記論、財務諸表論、法人税法など、会計と税に関する5つの科目に合格する必要があります。ただし、5科目同時に合格する必要はなく、計画的に続ける人もいます。また、税理士登録をするためには、税務または会計に関して2年以上の実務経験が必要になります。

税理士試験について


税理士の大変なことろ

税理士になるのも簡単なことではないのですが、税理士になった後も税法に関する法改正に対応するため、常に知識のアップデートをしていく必要があります。そのため研修に時間を割かれることも多いです。 


仕事・家事・育児の両立は可能?

大変ですが可能です。結婚・出産して家事・育児をかんがりながら税理士として働く女性はたくさんいます。 


税理士資格をいかして別の仕事も

税理士試験では簿記論・財務諸表論・所得税法などの知識が必要です。それらの一部でも勉強していれば、企業法務・ファイナンシャルプランナーなどの道に進むこともできます。


税理士の給料

税理士の平均給与 49万5500円/月(税理士・公認会計士) 
*年間賞与その他特別給与額118万6600円  
*厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」より

他の職業と比較して給料は高いです。


税理士の受験資格を取得できる通信制大学

大学以外の税理士講座を見る


おすすめ

自由が丘産能短期大学

短大卒業によって税理士の受験資格を取得することができます。

簿記・財務に関する体系的な学習。法人税法、所得税法をはじめとする税務に関する基礎的知識を広く学習。日商簿記検定2級レベルまでの簿記・会計について体系的な学習。

経理部門あるいは、資産運用関連ビジネスの営業部門で中核的な人材として、活躍できる能力を修得することを目標としています。

税理士試験をめざす方はもちろんのこと、会計一般に関する基礎的知識を身につけたい方にも効果的なカリキュラムです。

卒業率は高く、約6割!!非常に高いです。

産業能率大学/自由が丘産能短期大学



スクーリングなし通信制大学ガイドナビゲーション