本文へスキップ

通学不要なので社会人が働きながら学びやすい、卒業しやすい通信制大学。教員免許・資格。資料請求

トップページ教員免許から通信制大学を探す英語の教員免許

英語の教員免許

<英語>中学校・高校教員免許

はじめて教員免許を取得する方、すでに教員として働いている方、いろんな方に通信制大学は人気です。

このページでは、英語(中学校・高校)の教員免許を取得できる通信制大学を一覧にまとめました。

通信教育って挫折しやすけど大丈夫かな…不安な方も多いですよね。

そこで、卒業しやすい(卒業率が高い)、インターネット学習の充実(通学不要もしくは通学する負担が少ない)環境が整った通信制大学を中心にご紹介しています。


中学校教諭免許状<英語科>

*一種免許:大学で取得可能。二種免許:短大で取得可能。


高校教諭免許状<英語科>

*一種免許:大学で取得可能。二種免許:短大で取得可能。

:詳細ページに移動します。それ以外は資料請求サイトに移動します。



おすすめ英語教員免許を取得できる通信制大学

日本大学(スクーリングなしで取得可能) 

日本大学はネット授業が充実しています。

自宅にいながらパソコンで動画をみてスクーリング単位にすることができます。

スクーリングなしで教員免許を取得することも可能。

リアルなスクーリングも全国で開催されますので、時間がある場合は、ネット授業だけでなく、スクーリングにも参加したいですよね。

科目試験も全国で開催。試験もネット化しているといいのですが、まだのようです。

全国に学生会もあるので、仲間をみつけやすい環境ですよ。

⇒日本大学の口コミ評判・メリット・デメリットはこちら! 


愛知産業短期大学(高卒の人におすすめ)

高卒で、はじめて教員免許を取得する方におすすめ。

短大なので最短2年で英語の教員免許(二種)を取得できます。

卒業率が高い(60%以上)!

ITを活用して自宅のパソコンで学習できるシステムなので通学日数が少ない!

⇒愛知産業短期大学の学費・スクーリング・卒業率はこちら!


日本大学で英語教員免許を取得した口コミ体験談

日本大学通信教育部文理学部英文学コース3年生に編入した理由

色々下調べした結果、日本大学の通信制教育は定評も歴史もあり、学生のサポート体制も充実していたからです。

すでに4年制大学を卒業していたため、大学の成績、単位認定表審査のみで入学をすることができました。

スクーリング

年に1-2回ほどの頻度で、東京千代田区にある通信学部の校舎で行なわれました。

教科内容はほぼレポートとは科目試験で単位がとれるので、教育科目に関する実習、演習が主でした。

教授が教えるというより、与えられたら課題と模擬授業を披露するものでした。

学生は20-40歳くらいのすでに講師などの仕事についているけれど、免許はないので取得する方、これから教員になりたい方が主でした。

一部科目はwebを活用してパソコン等で受講することも可能でした。

単位取得方法

レポート提出、スクーリングの参加、科目試験の合格で単位取得ができました。

レポートは1科目につき、2通ほどのレポ提出がありました。

大学指定の原稿用紙に手書きし、郵送でした。

スクーリングのない授業では、科目試験があり、これは全国数カ所で行われるため、最寄りの名古屋に年二回ほど試験を受けにいきました。

教育演習は東京の千代田区にある通信学部の校舎で、教授によるライブ授業でした。

こちらは学生が与えられた課題を準備した上での演習を評価されるものでした。

スクーリングは専用サイトで、10回ほど授業を自宅で視聴し、期限までに2通のレポートを web上で提出し、最終試験もweb上で受け認定されました。

良き友人、教授との出会いに満足

まさか友人ができるとは思っていませんでした。

通信教育のイメージとは一見矛盾するかもしれませんが、やはり良き友人、教授と出会えたことが日大を選んで一番満足しています。

教育演習に参加するまでは一人の勉強時間が多く、モチベーションを維持するのが大変でした。

しかし、教育演習で社会人をしながら、教員免許取得を目指している仲間に出会い、模擬授業で意見を交わすことで頑張っているのは一人ではないことを実感できました。

そのクラスで飲み会を催してくれた教授のおかげで、その後も続く人間関係ができたのです。

それからはそこでできた友人と情報交換したり、励まし合うことができました。

レポートが何回か不合格になり厳しい

全日制の大学生だったときと比べて、日本大学通信はレポートの評価が厳しく、多い時では同じ科目で3回不合格になりました。

何度提出してもどこがまちがっているかわからず、質問表を提出することもしました。

しかし、教授と直接顔を見て質問できるわけではないし、質問も回答も郵送、タイムラグが生じるので、必ずしも100%の理解につながるとはかぎりませんでした。

結局どこがまちがっているか分からないので、教えていただきたいと教えを請うも、「間違っていることを自分でしらべることが必要です」との返答がきたこともありました。

調べてもわからないから質問をしたのですが、その一科目のレポートはとても厳しくて苦労しました。

英語教員免許を取得したい人に日大はおすすめ!

最も満足したところと重なりますが、まず一つに本校舎に出向くことで、良い教授と友人に出会う素晴らしい機会があったからです。

二つ目は教員免許取得を目指すほとんどの方が私と同じく、すでに4年制大学を卒業し、編入し、社会人をしながら勉強している方が多かったのです。

そのような方には自宅と最寄りの試験会場に普段は出向くだけで、働きながらも勉強がしやすい環境があるから選ばれるのだと思います。

学生サービスwebシステムもしっかりと構築されているのでオススメできます。

塾の英語教師に転職

日本大学で英語の教員免許を取得後、英語の塾講師に転職しました。

現在は国際結婚をし、海外在住になってしまったため、退職してしまいましたが、教師の仕事は自分のライフワークであることを確信できました。

海外に住むようになってからは、日本語を教える仕事もしていますが、教科は違えど、教える技術を大学、塾で学べたことはよい経験になりました。

また塾講師として働いていたときは、子どものしかり方、褒め方もたくさん学び、こちらは現在の子育てにも多いに役立っています。

私の夢は今住んでいる街に初の日系幼稚園を設立することです。

子育てがおちついた後には、夢に向かって始動していきたいです。

そして通信教育を修了できたことは、「海外でもいつか大学に入学してこちらの資格もとりたい」という挑戦する自信にも繋がりました。

⇒日本大学の学費・卒業率・スクーリングの詳細はこちら!


教員免許から大学を探す

幼稚園教諭 | 小学校教諭 | 養護教諭 | 特別支援学校

中高 英語 | 国語 | 理科 | 家庭科 | 音楽

教員免許一覧  資格一覧


スクーリングなし通信制大学ガイドナビゲーション