本文へスキップ

通学不要なので社会人が働きながら学びやすい、卒業しやすい通信制大学。教員免許・資格。資料請求

トップページ > 通信制大学の選び方 > 通信制大学の偏差値・難易度

通信制大学の偏差値・難易度

通信制大学の偏差値

黒板を見て問題を解く男性

通信制大学には、偏差値はありません。入学時に学力テストがありませんから、偏差値もないのです。

学力テストがないので、高卒以上の方であれば、基本的に誰でも入学できます。しかし、課題・レポートの難易度には、各大学にかなりの差があります。

入学前に、気になる大学の課題・レポートの難易度はしっかり確認しましょう。


課題・レポートの難易度

通信制大学の学習のながれは、

自宅で学習 → 課題・レポートを提出 → 合格 → 科目試験 → 合格 → 単位認定

となっています。

課題・レポートの難易度は、大学より異なります。

しっかりレポートを書く大学もあれば、簡単な穴埋め式に答えるだけの大学、ネットの小テストをうける大学もあります。

課題やレポート(もしくは小テスト)が、自分のレベルにあっているか事前にチェックすることが大事です。

入学してから、予想以上に難しかったりすると、かなりの確率で挫折します。学習サポートもありますが、自分で地味に勉強するのが通信制大学ですから。

チェック方法は、大学の入学説明会に参加する(これがイチバン確実!)、ネットの口コミをみる、公式ホームページで体験できるところもあります。

大学によっては、単位修得率(習得率)を公表しています。単位修得率の高い大学は、課題・レポートがそこまで難易度が高くないと思います。

また、課題を手書きして郵送する大学と、ネット上で提出できる大学があります。ネット上で提出できたほうが、切手代がうきます。

わたしの場合は、手書きでレポートを書いて、郵送しました。

レポートは、2単位科目は穴埋めとか、選択肢から選ぶとかで、簡単です。4単位科目はレポートを書くことが多いです。レポートを書くには、それなりに時間がかかります。ちょっと大変。

入学した後に、気がつきました。

『ネットで小テスト?手書きしないの、、、しまった、、、』

そうならないように、これから入学される方は、そのあたりもチェックしてください。



スクーリングなし通信制大学ガイドナビゲーション