本文へスキップ

通学不要なので社会人が働きながら学びやすい、卒業しやすい通信制大学。教員免許・資格。資料請求

トップページ目的から通信制大学を探す > 学費が安い通信制大学に入学したい

学費が安い通信制大学に入学したい

学費の安い通信制大学についてですが、通信制大学の学費を比較するのはとても難しいと思っています。

というのも通学制の大学のように、入学金・授業料・その他とわかりやすくないからです。

通信瀬大学によっては、学費にすべて込み込みの学費のところもあれば、授業料は1単位いくら、科目試験代別、スクーリング代別、テキスト代別だったりする場合もあります。

通信制大学により、授業料に含まれているものにかなりの差があります

ここの通信制大学は授業料が安いな、と思ったら追加費用がどんどん発生するなんてこともあります。

卒業までに必要なお金って何?

授業料・テキスト代・スクーリング代・実習費・交通費・宿泊費…

何をどうやって計算すればいいのかなんてわかりませんよね。

また、学生それぞれの目的に合わせて履修科目を決めるので、4年間のトータルの学費は個々で計算しないとわかりません

というわけで、本当に学費の安い通信大学を見つけ方をまとめました。


学費が安くて卒業できる通信制大学の見つけ方

通信制大学を選ぶ際に学費が気になるには当然のこと。

しかしここは発想をかえて考えてみましょう!

まず、学びたい学問を決める、もしくは取得したい資格教員免許を決める。

そして、希望の学問が学べる通信制大学、もしくは取りたい資格・免許を取得できる通信制大学を探す。

この時点でいくつかの通信制大学にしぼれてきますよね。

さらに、公式サイトをチェックしたり、パンフレットをじっくり読んで志望大学を数校にしぼりましょう。

そうしたら、通信制大学に直接メール・電話等で問い合わせをして、卒業までにかかる費用の総額を確認!

この方法が、イチバン現実的な学費の安い通信制大学の選び方だと思います。

ただ単に学費の安さだけで選んで入学しても、モチベーションが続かなくては挫折してしまいます。

通信制大学は途中で挫折したら何の学歴にもなりません。大学中退なんて名乗れませんからね。

絶対に卒業しましょう!

支払った学費がもったいない!!

通信制大学は誰にとっても良い大学はありません。

あなたにとって卒業しやすい&学びたい知識を得られる&学費が安いベストな大学を探しましょう。

下記で学費の安いおすすめ通信制大学をご紹介していますが、『安い』といっても『他大学と比較して安い』にすぎません。

最安値の通信制大学でも約60万〜70万円(4年間)くらい学費だけでかかります。

けっして安い金額ではないですよね。

激安の通信制大学があれば、ひとまず入学してもいいのでしょうが…。

どの通信制大学を選んでも、卒業までにはそれなりの学費を支払うことになります。

慎重に選んで楽しい通信制大学ライフを送ってくださいね。


 授業料以外にかかる費用

選考料
入学金
テキスト代
スクーリング代
科目試験受験代
ネット授業代
実習費
交通費
宿泊費

大学によっては、授業料にすべて含まれている場合もあります。

交通費・宿泊費は、スクーリング会場・科目試験会場までいく場合にかかる費用です。

たとえば、日本大学は授業料が10万円(年間)と一見安いのですが、テキスト代・スクーリング代・メディア授業代が別になっています。

科目試験会場や、スクーリング会場が遠いと交通費・宿泊費がいっぱいかかります。

後から支払う追加費用がどの程度なのか、資料請求するなどして入学前にしっかり確認をしてくださいね。

入学してすぐは、学習意欲が高いので気にならないかもしれませんが、半年から1年くらいたったころ、思ったように勉強が進まなかったりすると、『スクーリング代別途支払う』ことがおっくうになったりします。

やる気不足…、学費払いたくない…、大学辞めようか…、悪循環に陥ることになります。要注意!!


4年間でかかる学費

下記の4年間でかかる学費は参考程度に考えてください。

東京通信大学 約60万円(4年間)

放送大学 約70万円(4年間)

京都芸術造形大学 約70万円(4年間)

東京未来大学 約100万円(4年間)

産業能率大学 約100万円(4年間)

大手前大学 約120万円(4年間)

人間総合科学大学 約120万円(4年間)

早稲田大学 約350万円(4年間)

通信制大学の4年間の学費は、通学する場合の5分の1から4分の1くらいです。

通学するより通信教育はかなり学費が安いですよね。


休学・卒業延期の場合にかかる費用

通信制大学は働きながら学ぶ社会人が多いため、学習時間を取れなくて4年間で卒業できず卒業延期する人がいます。

また、病気等で休学して復学する方もいます。

その場合どの程度の追加の学費が必要になるか、事前に調べておくといいですよ。

ちなみに、放送大学は単位制授業料なので、5年間大学生活を過ごしても追加出費はありません。

大手前大学は5年目以降は5万円(一律年額)と、明瞭会計になっています。

大学によっては5年目以降も、在籍料とか、年間授業料として4年生と同じ金額を支払うこともあります。

すこし余裕をもって学びたいと考えている方は、要チェックです!!


学割・奨学金・学費免除

通信制大学は正規の大学なので、学割がつかえます。

学割奨学金など、学費・お金の節約になる制度はたくさんります。上手に活用してください。

奨学金制度や学費ローンは、どの大学でもあります。詳細

学費免除制度のある通信制大学もあります。最新情報は大学パンフレットを確認してください。


おすすめの学費の安い通信制大学

おすすめの学費の安い通信制大学をご紹介します。

*学費は年度によってかわることがよくありますので、資料請求するなどして事前にご確認ください。

通信制大学の学費一覧

京都造形芸術大学大学

1年間の学費:170,000円、(1カ月15,000円相当) リーズナブルな学費

1年次入学の場合4年間の学費は、730,000円
3年次編入の場合2年間の学費は、390,000円

電子テキストは、専門教育科目については全て無料です。

総合教育科目は、テキストにより1冊数百円〜2千円円程度かかります。定額制で安心、追加費用の心配なし。

京都芸術造形大学 芸術学部 通信教育部 芸術教養学科

放送大学

入学料が24,000円。授業料が 1単位当たり5,500円。

卒業に必要な124単位修得するための学費は、合計706,000円です。

この706,000円は、124単位すべて順調に単位を取得できた場合の学費になります。

苦手科目があったり、合格が難しい科目を履修した場合などに、履修科目を追加すると、当然学費は増えます。

学費のための予算は少し多めに用意したほうがいいですよ。

放送大学では学費が安い以外に、一流講師から学べるメリットもあります。

また、テレビ・ラジオ・ネットで受講できる、学習センターの利用などを考えると、とコストパフォーマンスのいい通信制大学です。

ただし、科目試験・スクーリングに通学する必要がありますので、自宅から通える範囲に学習センター・スクーリング会場があるか要チェック!!

学習センターまでの交通費がいくらかかるかも、入学前に確認することをお勧めします。

放送大学 教養学部


口コミ・評判

放送大学の全科履修生は、通学で学習センターまでの学割が出ますので、回数券が格安で購入可能ですし、携帯電話も学割がOKです。ソフトもアカデミック版が購入可能など、いい面もありますよ。
*YAHOO知恵袋より

放送大学の面接授業(スクーリング)は、特定の日(例えば、4月の27、28日)に講義があり、その日の授業を受けるための料金を支払うことになります。
*YAHOO知恵袋より

放送大学の場合は、各都道府県に学習センターがあり、交通費の負担が少なく済む分、割安かも知れませんね。
*YAHOO知恵袋より


教員免許から大学を探す

幼稚園教諭 | 小学校教諭 | 養護教諭 | 特別支援学校

中高 英語 | 国語 | 理科 | 家庭科 | 音楽

教員免許一覧  資格一覧


スクーリングなし通信制大学ガイドナビゲーション