本文へスキップ

通学不要なので社会人が働きながら学びやすい、卒業しやすい通信制大学。教員免許・資格。資料請求

トップページ > よくわかる通信制大学Q&A > 学習に関すること

通信制大学の学習に関するよくある質問

通信制大学の学習方法は大学により若干ことなりますが、おおまかな流れをご紹介します。大学の資料に詳しく書いてありますが、実際学んでみないとよくわからないことが多いです。

テキスト学習

テキストを読んで自習します。通信制大学は学習は、自習が中心です。

インターネット授業 

すべての大学ではありませんが、インターネットで授業をおこなっている大学もあります。テキスト学習より、『わかりやすい』と評判で、インターネット授業を実施する大学が増えつつあります。

*大学により、オンデマンド授業・WEB講義・メディア授業・オンライン学習など呼び名はいろいろ。

課題・レポート

テキスト学習(インターネット授業)→ 課題レポート提出 → 合格 → 科目試験 → 合格 → 単位認定

おおまかな学習の流れです。

課題・レポートは大学により、難易度が異なります。いわゆるレポート(長文)を書く大学もあれば、簡単な穴埋め式課題を提出するだけの大学もあります。

各大学がおこなている入学説明会に参加すると、課題やレポートなどをみることができます。

通信制大学に偏差値はありませんから、自分でこのレベルの課題ならどうにかやれそうか否か、自分で判断することになります。

                           図でわかりやすく説明

科目試験

科目試験は、会場まで通学してうけます。試験実施回数や時期は、大学により異なりますが、土日におこなっている大学がほとんどです。

科目試験に合格したら単位がもらえます。

一部の大学では、インターネットで試験を受けることができます。

*科目認定試験、科目終了試験、科目修了試験、WEB試験とか、大学により呼び方はいろいろ。

科目試験会場

大学キャンパスのみで実施している大学、全国で実施している大学、インターネットで実施している大学があります。

インターネット以外は会場まで通学する必要がありますので、自宅から通える範囲に科目試験会場があるか、入学前にチェックしましょう!
 

スクーリング

スクーリングとは、大学等会場に通学して受ける授業のことです。通信制大学といっても、すべてが自宅でおこなえるわけではありません。

スクーリング最終日にテストをうけて、合格すると単位がもらえます。スクーリングで授業をうけても、テストに不合格だと単位がもらえません。

*最近ではインターネット授業をうけることで、スクーリング単位を認定してくれる大学が増えてきました。

通学なしで卒業できる大学もあります。

 

スクーリング会場

大学キャンパスのみでスクーリングを開催する大学、全国でスクーリングを開催する大学があります。

地方で開催するスクーリングのことを、地方スクーリングといいます。

取得可能な資格・免許

教員免許状や福祉系の資格など、いろいろな資格を取得することができます。

取得したい資格から探す   取得したい免許から探す  




スクーリングなし通信制大学ガイドナビゲーション