本文へスキップ

通学不要なので社会人が働きながら学びやすい、卒業しやすい通信制大学。教員免許・資格。資料請求

トップページ > 資格から大学を探す > 博物館学芸員

博物館学芸員

博物館学芸員の資格を取得できる通信制大学

通信制大学で学芸員の資格を取得しよう!

学芸員とは博物館・美術館・科学館・植物園・動物園で働く専門職員のことです。博物館等に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務をおこないます。デパートなどで、美術展の担当部署で働く場合もあります。

学芸員になるための資格は、以下で取得できます。

1)大学・短大で単位を履修すること

2)文部科学省で行う資格認定試験に合格すること

学芸員として働くには、大学・短大で学芸員資格を取得するのが一般的。学芸員資格は多くの大学で取得が可能。博物館実習を含む所定の科目を履修して卒業すれば学芸員資格が得られます。

そのほか修得単位+実務経験、学芸員資格認定試験受験など取得方法は複数ある。専門性を磨くため大学院修士に進む人も多い。

就職先は博物館、美術館、動物園や水族館、そのほかのさまざまな文化施設など。欠員が出たときに募集するのが一般的で、希望者も多いため、競争率は非常に高いです。


学芸員・資格



口コミ・評判

斜里町と知床半島の歴史や自然、動植物などを紹介する知床博物館で、学芸員としてさまざまな業務に携わっています。たとえば、団体のお客さまを対象とした展示解説をはじめ、館内で行う展示や講座の企画、さらにこの夏には大がかりな特別展示があり、ちょうどその準備が始まろうとしているところです。それ以外にも、遺跡の発掘調査など、仕事を通して地域の歴史や数千年前の人びとの生活に触れることができ、考古学が好きでこの道へ進んだこともあって、毎日が充実しています。しかも、博物館には貴重な資料が保管してあり、それらを自由に閲覧できるのも大きなメリット。北海道ならではのアイヌ文化を研究したいという目標も生まれました。
*リクナビ進学より引用  

学芸員の仕事は、簡単に言うと「何でも屋」です。遺跡や史料の研究はもちろん、研究した成果を、子どもから高齢者まですべての人が楽しめるような言葉や図で表現しなくてはなりません。また、それを見ていただくための展覧会などの企画・準備もしなくてはなりません。事務処理能力も必要です。だから何でも屋。
*リクナビ進学より引用

長野県信濃美術館には郷土作家の作品が、併設する東山魁夷館には日本画家・東山魁夷の作品が収蔵されています。ここで学芸員として働く私の使命は、100年後、200年後も、ここにある絵画を今と同じ状態に保ち、後世に伝えること。そのため、作品のわずかな汚れや絵の具の落ちなどをチェックする保存・管理は重要な仕事です。ほかに展覧会の企画・運営、会場のレイアウト、作品の解説文づくり、地域の小学校への出張講座なども担当。これだけ日常的に絵画に触れていても、世の中には私の知らない作品が無数にあります。それに出会い、作品が訴えているものを感じとり、自分の内側に取り入れることができたとき、いつも大きな喜びを感じます。
*リクナビ進学より引用 



スクーリングなし通信制大学ガイドナビゲーション