本文へスキップ

通学不要なので社会人が働きながら学びやすい、卒業しやすい通信制大学。教員免許・資格。資料請求

トップページ > 通信制大学の選び方 > 通学できる、できない

通学できる、できない?

通学のメリット・デメリット

忙しいビジネスマンの影

通信制大学といっても、通学は基本あります。スクーリング(対面授業)と科目試験は、大学キャンパスなど会場まで通学します。

数は少ないですが、すべてインターネットでおこなえるオンライン大学もあります。

両方の良いとこどりの中間もあって、スクーリング単位の一部をネット授業でOkの大学もあります。

ある程度、通学できるのか、一切通学なしがいいか、入学前にしっかり決めたほうがいいですよ。

通学できるなら、交通費などの旅費、通学なしならパソコン代・パソコン維持費などが、学費とは別にかかりますから。

入学してから、予想外の出費で困らないように事前にしっかり準備しましょう。


通学のメリット

通学 メリット

勉強の理解度でいえば、通学して受けるスクーリング(対面授業)がイチバンわかりやすいです。

疑問点があれば、その場で先生に質問・解決することができます。

他のには、仲間ができることがあげられます。普段一人で黙々と勉強しているので、同じ志ある仲間と会話すると、勉強の意欲が沸きます。


通学のデメリット

通学 デメリット

大学などの会場まで行く交通費がかかります。通える範囲に会場がないと、宿泊費が思ったよりかかってしますことも。

忙しい社会人や、育児中の主婦は、通学のための時間を作ることが大変です。

入学当初はやる気があるけれど、だんだんモチベーションが下がってきます。そうすると、通学することが面倒になってきて、結果大学中退することも。


通学なしのメリット

通学なし メリット

時間に拘束されないので、社会人・主婦でもどうにかなる。

また、交通費がかからないので、出費を抑えられる


通学なしのデメリット

通学なし デメリット

せっかく大学に入ったのに、リアルなお友達が一人もできないのは寂しすぎる。

いつでもネットで授業が受けれらると思うとダラダラしがち。



スクーリングなし通信制大学ガイドナビゲーション