本文へスキップ

通学不要なので社会人が働きながら学びやすい、卒業しやすい通信制大学。教員免許・資格。資料請求

トップページ > 通信制大学の選び方 > 単位が取りやすい

単位が取りやすい

単位が取りやすい

目標達成で笑顔の男女

通信制大学は規定の単位数を取ることで卒業できます。

通信制大学の学習のながれは、

自宅で学習 → 課題・レポートを提出 → 合格 → 科目試験 → 合格→ 単位がもらえる 

となっています。

単位を取るには、科目試験に合格する必要があります。

通信制大学は、自宅での自主学習が中心ですから、地道にテスト勉強します。通学の大学であれば、大学の先輩・同級生から「このあたりがでるらしいよ。」なんて情報をもらえたりしますが、その点、通信教育は孤独です。

どうやって、どの辺を勉強したらいいかわからない…なんてやっていると、あっとゆう間にモチベーションが急落して、挫折します。

単位修得率を公表している放送大学東京未来大学は、どちらも80%くらいとかなりの良いです。

公表していない大学でも、入学前に入学担当者に聞けば教えてくれるかもしれません。確認するのが面倒な方は、卒業率の高い大学を選ぶといいと思います。

おそらく、卒業率がいい大学は、単位が取りやすい大学です。

わたしの体験談です。

科目試験は会場で受けます。地方ですが人がいっぱいです。
高校の期末試験みたいに、全員同じ科目を受けません。

冊子がくばられます。冊子の中には複数の科目のテスト問題が書かれています。
自分が受けたい科目ひとつ選んで受けます。

この冊子は持ち帰りできます。
次回、科目試験を受ける際の参考にします。

また、入学時に参考資料が配られます。その中に科目ごとの注意点などが書かれて
います。その資料を見ながら、このあたりを重点的に勉強しようかな、
って感じで、テスト勉強をしています。

わたしは科目試験に会場まで通学しているのですが、ネットで科目試験が受けられる
大学もいっぱいあります。

自宅のパソコンで科目試験をうけるってことは、教科書が見放題では、、、

『通信制大学はどこも一緒、心理学が勉強できて、学費が安ければどこでもいいかな。』
なんて雑に大学を決めました。

これから入学される方は、複数の大学の資料を取り寄せて、きちんと比較・検討してから、
大学を決めることが大事です。




スクーリングなし通信制大学ガイドナビゲーション