本文へスキップ

通学不要なので社会人が働きながら学びやすい、卒業しやすい通信制大学。教員免許・資格。資料請求

トップページよくわかる通信制大学Q&A > 通信制高校と通信制大学の違い

通信制高校と通信制大学の違い

通信制高校から通信制大学への進学を考えている受験生もたくさんいらっしゃいますよね。

同じ通信制でも高校と大学では、学習の流れなど異なる部分も多くあります。違いをしっかり理解して、入学してから後悔しない学校選びをしましょう。


通信制高校と通信制大学の比較

  通信制高校 通信制大学
公立学校 公立・私立あり 私立のみ
年齢層 10代が中心 18歳〜50代以上まで幅広い年齢層
職業 無職・アルバイト 社会人(正社員・派遣・アルバイト)
最短 1年生に入学なら最短3年で卒業 1年生に入学なら最短4年で卒業。短大なら最短2年。
学歴 卒業すれば高卒 卒業すれば大卒
入学時期 4月と10月、随時  4月と10月
進学 指定校推薦で大学に入学できる 大学院に進学可
就職支援 就職サポートあり 基本なし
*一部大学のみ実施
学習支援 担任による丁寧な指導を実施している高校が多い 学習等のサポート制度はあるものの高校ほど丁寧ではない
年間通学日数 スクーリング:3日間〜
*高校により異なる
スクーリング:0日〜
*大学により異なる
テスト スクーリング登校時に受ける スクーリングとは別に会場まで通学して受ける
*ネットで受ける大学もあり
一切通学不要 なし
*最低3日〜
あり
*一切通学不要で卒業できる大学あり
初年度費用 5000円〜 15万〜
資料請求 通信制高校の比較 通学不要のネット大学

一切通学なしで卒業できる?

当サイトは『スクーリングなし』で卒業できる通信制大学を中心に紹介しています。

一切通学なしで卒業できる通信制大学があるように、一切通学なしで卒業できる通信制高校もあるのかな?という興味がわきましたので調べてみました。

その結果、年に数日登校するだけで卒業できる通信制高校はあったものの、一切通学なしは1校もありませんでした

通信制高校の中にもインターネットを活用して学習できる学校はいくつかあります。インターネット授業(メディア授業)を受けることによって登校日数を減らすことは可能のようです。

しかし0日はダメ!必ず教員からの直接指導が必要とのことでした。

一方、一切通学なしで卒業できる通信制大学はいくつもあります!


サポート校

通信制高校にはサポート校があって、親切丁寧な指導を受けながら高校生活を送ることができるシステムがあります。

通信制大学にはサポート校はほとんどありません。私がネットで調べたところでは、サイバー大学のサポート校『Aoi college』がみつかりましたが、基本的にないと考えてください。


学習支援

また、サポート制度は通信制高校・大学ともにあります。しかし通信制大学では通信制高校のような丁寧なサポートは期待できません。

担任制だったり親切なサポートを売りにしている通信制大学もありますが、大学は自発的に勉強して知識を身につける場所です。なにからなにまでサポートしてもらう…ということは期待しないほうがいいですよ。


年齢層

通信制高校は15歳から18歳までの10代が中心です。

一方通信制大学では18歳から50歳以上まで幅広い年齢層の学生がいます。いろいろな年代の人と友達になれるメリットがあります。

もし同年代の人が多い学校がいいと考えるのであれば、通信制短大は比較的年齢が若く、18歳〜20代前半が中心なので、通信制短大への進学がおすすめです。


初年度費用

通信制高校は、1単位あたりの授業料になっています。全日制とはシステムが違います。

公立高校であれば1単位336円〜700円、私立は5,000円〜12,000円ほど。

卒業までに必要な単位は74単位ですから、平均すると1年で25単位。

公立高校の1年間の学費:336円×25=8,400円〜。さらに、通信制高校は国から就学支援金により減免されるので、実質500円〜10,000円程度(1年間)です。

私立はもう少しかかりますが、こちらも就学支援金が支給されます。いずれにしても、全日制高校(通学)と比較すると、学費は安いといえます。

一方、通信制大学の学費は年間17万円程度〜通えます。こちらも通学より遥かに安価であるといえます。通信制大学の学費一覧

ズバット通信制高校比較


関連ページ 

通学のなし大学の比較 試験もスクーリングもWEB

スクーリングのない通信制大学一覧

卒業率の高い大学ランキング 人気コンテンツ 



スクーリングなし通信制大学ガイドナビゲーション