本文へスキップ

通学不要なので社会人が働きながら学びやすい、卒業しやすい通信制大学。教員免許・資格。資料請求

トップページ学部から通信制大学を探す > 文系(文学・環境・語学)

文系(文学・環境・語学・社会学・国際・宗教)が学べる通信制大学

文系(文学・環境・語学・社会学・国際・宗教 他)が学べる通信制大学を一覧にまとめました。

学びたいことが決まっているのであれば学部から大学を探しましょう。


文系学部


マークの大学詳細ページに移動します。それ以外はリクルート『ケイコとマナブnet』に移動します。

卒業しやすい 卒業率50%以上の卒業しやすい大学。

スクーリングが少ない 一切スクーリングなしで卒業できる、履修科目しだいではスクーリングなしで卒業することができる、編入生はスクーリングなしで卒業できる大学など、条件しだいでスクーリングなしで卒業できる大学。

スクーリングが少ない スクーリングの替わりに、ネット授業を受けるなど、比較的スクーリングの負担が少ない大学。


通信制大学文学部(通信)の口コミ体験談

佛教大学通信教育課程文学部日本文学科・3年生に編入した理由

国立大学卒業後、自営業のかたわら文学の勉強をすることを考え、時間の都合が合わせられない通学過程ではなく通信教育課程を選ぶことにしました。

なお、通信課程の「受験」対策は、一般常識があり入学関係書類に動機などをしっかりと記述できる人の場合は、それほど不安視することはありません。

国語の教員免許取得のためのスクーリング

スクーリングは年3回程度、それぞれ数日間行われました。

原則佛教大学紫野キャンパスに通学する形で行い、その間は電車やバスで一般の大学と同様の「通学」をすることになりました。

授業のペース、難度は一般の通学過程の大学(有名大学)と大差ありませんが、様々なバックグラウンドを持つ生徒が多い事から若干わかりやすさを重視しておられる印象を受けました。

なお、年齢層は20〜80代までおられますが、若年層が過半数を占めていました。

学習内容は難解な文学の購読(グループで読みあって解釈する)など、一人では学べない内容がスクーリングの学習内容に設定されていました。

⇒佛教大学の卒業率・学費・詳細はこちら!

単位の取得方法

単位取得方法としては、レポートと試験の受験がワンセットとなっている科目、及びスクーリングとレポート・試験などがセットになっている科目に分かれていました。

大半を占めるレポートと試験を行う科目については、例えばレポートでは科目に設定された単位数に応じて3200文字(2単位)、6400文字(4単位)などの文字数に丁度合う形でのレポート作成が要求されます。

テキストや参考文献を読みながら文字数に合うような「要約」や「議論」を展開するために何度も書き直しを行いながら勉強を行いました。

試験については、基本的にはテキストの内容を暗記することで対応可能となっており、分厚いテキストを何度も読み、重要であろう箇所をピックアップして暗記するという作業を繰り返しました。

スクーリングに付帯したレポートなどは、スクーリングの内容に即したものとなっているため、試験の場合はスクーリングの最終盤に受験し、レポートも終了後すぐに提出するような形式となっています。

これらの内容はスクーリングを受けていれば問題なく対応できますので、特に不安はありませんでした。

教育の質が担保されているところに大満足

口コミなどで伝えられる一般的な通信制大学の性質として、「単位が取りやすい」などとされる場合がありますが、佛教大学の場合、教員による評価の個人差はありますが、概ね確固たる基準のもとに評価が行われていました。

一定の「質」を確保しなければ合格がもらえないという当たり前の厳しさは、かつて通学していた大学の「全員合格」にするような単位取得システムとは全く異なっており、しっかりと勉強した分だけ評価がかえってくる分やりがいが感じられ、大いに満足する結果となりました。

レポートの作成(参考文献の収集)に苦労

最も厳しさを感じたのは、科目を履修する中での「レポート」の作成にあたり多数の参考文献が指定されているケースでした。

参考文献を全て確認しなければ、執筆することは出来ないような内容であるにも関わらず、その参考文献が絶版であり、収蔵している自治体の図書館も少ないようなケースもありました。

結果的に佛教大学まで行って文献を確認したりすることも多々ありました。

また図書館で他の人が借りている場合は返却を待つ手間がかかり、勉強の難易度に関わらず時間的な制約が生じ、実際に履修スケジュールがオーバーすることもあったため、大変厳しいと感じました。

佛教大学はこんな人におすすめ

しっかりと「勉強」がしたい人、また「仲間」を作りたい人には佛教大学通信教育課程をおすすめします。

じっくりと学習に取り組まなければ「評価」されないシステムになっているため、空き時間を見つけては否応なく勉強に打ち込むという環境が生み出されます。

また、学習の難易度が高いものの、学習者同士、もしくは担当教員の方などによる「サポート体制」も非常に充実しているため困ることはありません。

通信課程では希薄になりがちな「人間関係」を作ることも出来るため、孤独感を感じることもありません。

まじめに助け合いながら勉強したい人には佛教大学は絶好の学習環境を提供してくれます。

自営業における業務の幅を広げることができた

私は国内の観光関連(メディア作成・プラン作成)の自営業をしており、歴史には精通していたものの、文学の知識が大変希薄な状況となっていました。

お客様のニーズとして、ご高齢の方は歴史と文学を結び付けた観光などをしたいという方も多く、これまでは対応に苦慮することもありました。

しかしながら通信制大学で一定の「学び」を得ることにより、文学的な専門的な観光のニーズにも対応できるようになり、承ることが出来る内容の幅が広がりました。

⇒佛教大学の学費・取得できる資格と教員免許・口コミ評判はこちら!


慶應義塾大学文学部(通信教育)卒業生の口コミ体験談

慶應義塾大学文学部を選んだ理由

通信制大学で学ぶのであれば最高の環境で学びたいと思ったことがきっかけです。

様々な通信制大学について調べていくうちに、慶應義塾大学は通信制という形であっても、通学するのと変わりない質の教育を受けることができるとわかったからです。

慶應義塾大学のスクーリング

スクーリングは夏期スクーリング、夜間、週末などありましたが、私は基本的に夏期スクーリングに出席しました。

日吉キャンパスや三田キャンパスの両方で参加した経験があります。様々な年齢層の人たちが参加していました。

一部ネット対応していますが、スクーリングに通学する必要があります。

卒業するためには

卒業にはレポート提出と筆記テストの合格、スクーリングの必要単位取得、卒業論文の提出と面接試験合格が必要でした。

自分のペースでテキストを研究し、あらかじめ用意されている課題に基づいたレポートを提出しました。

年に数回近隣で開かれる筆記試験を受けることも必要でした。レポートも試験もとても厳しくかなりの学習が必要でした。

自分なりに目標を持って学習を進めていくようにしていました。また、夏期スクーリングも出来るだけ毎年受けるようにしていました。

質の高い教育に大満足

レポートの採点、筆記試験共に大変厳しく、大学の基準に達していないと判断されると徹底的に落とされます。

しかし、その分、通学生たちと同じだけの高い質の教育を受けることができているのだと感じることができました。

また、卒業論文では実際に担当教授からの親切なサポートを受けることができました。

通信生であっても差別することなく、教えていただけたことは本当に嬉しく思いました。

そのサポートのおかげで自分としても納得のいく研究論文を作成することができ、自分の自信にもなりました。

最も難しいのは課題です

レポートも筆記試験も大変難しい課題が与えられました。

1つのレポートを提出する場合でも、テキストを十分に学習し参考文献を何冊も読んだ上で、論理的で独自性のあるレポートを作り上げる必要がありました。

合格をいただけるまで何度も何度も提出したものもあります。

途中で合格を諦めた科目もあります。また、筆記試験も難しいものが多かったです。

大抵は論述式ですが、単なる知識を問うような試験ではなく、学習したことに基づいて深い考察が必要でした。

慶應義塾大学通信はおすすめ!

課題の難しさや生活との両立の難しさのため、途中で何度もあきらめそうになりましたが、卒業できた時には達成感と満足感を感じました。

それで、もし勉強したい、もっと教育を受けたいと思う人にはオススメしたいです。

今まで大学に行くチャンスがなかったけれど、質の高い教育を受けたいと思う人にはオススメです。

また、コツコツと自分で目標を立てて勉強していける人、何度も挑戦するチャレンジ精神のある人にもオススメできます。

物事を深く考える習慣がつきました。

通信制大学での学習方法によって、読んだことを広く調べて深く考える習慣や粘り強さが身についたと思います。

現在、行っている教育関係の仕事でも深く考察する習慣や根気強さはとても役立っています。

また、慶應義塾大学は英語学習にも力を入れています。

そこで、英語を学び続ける機会を得ることができたことは英検資格の取得にもつながりました。

夏期スクーリングでは英語に関する興味深い講義を受けることができ、自分の世界も広がりました。

慶應義塾大学文学部第3類 30代主婦の体験談

⇒慶應義塾大学に資料請求する



学部から通信制大学を探す 

理系・情報工学 法律 福祉 MBA 心理学 

すべて見る


スクーリングなし通信制大学ガイドナビゲーション